『モネのキッチン』4話

ブログ更新がすっかり遅くなってしまいましたが、秋田書店より発売中のミステリーボニータ2月号に『モネのキッチン-印象派のレシピ-』4話掲載されています。

今回はモネ一家がメインのエピソード。
若き画家クロード・モネが最近頭を悩ませている原因、それは息子のジャン。なぜか絵のモデルになることを拒否して逃げ回っているのだが、はたしてその原因は…?と言う感じの話です。夫婦や親子のほのぼの話大好きなので、描いててとても楽しい回でした…!


ちらっとモネとカミーユの若い頃の話もあったり


描くの楽しかったコマ(の一部)
前作からスカート穿いてる少年ばかり描いてる気がする…
(19世紀フランスでは少年も普通にスカート履いてました)

ボニータ2月号、2/5頃までなら書店でも購入できると思いますので、気になる方はよければ読んでみてください。2/6以降でも電子書籍版で購入可能ですよ。よければアンケートなどでご感想いただけると、とても励みになります…!

続きは今回作中に出した絵画の紹介や、作品読んだ人向けのよた話等です。

_
_
4話の作中に登場したモネの作品の画像を載せておきますね。よければ雑誌片手に見てみて下さい。
(美術館の公式ページでより解像度の高い画像が見れます)

ゆりかごの中のジャン・モネ
(Jean Monet dans son berceau/1867)
ワシントン・ナショナル・ギャラリー所蔵

Claude Monet (French, 1840 – 1926), The Cradle – Camille with the Artist’s Son Jean, 1867, oil on canvas, Collection of Mr. and Mrs. Paul Mellon 1983.1.25

1867年、モネが26歳の時の作品です。この夏に生まれた息子のジャンと女性を描いた作品。
ワシントン・ナショナル・ギャラリーのページではタイトルが《カミーユと画家の息子のジャン》となっていますが、この絵に描かれている女性が誰かは特定されていないため、作中では白いボンネットと簡素な服装からカミーユではなく乳母の姿としています。

_
木馬に乗るジャン・モネ
(Jean Monet (1867–1913) on His Hobby Horse/1872)
メトロポリタン美術館所蔵

Claude Monet (French, 1840 – 1926), Jean Monet on His Hobby Horse, 1872, oil on canvas

1872年、モネが31歳の時の作品です。自宅の庭で木馬に乗って遊ぶジャンを描いた作品。
※2作とも所蔵美術館よりオープンアクセスで提供されている画像を使用させて頂きました。

_
ちなみにこの回のネーム出した時、編集さんに「モネって…結構クズですね…」って言われて、フォローしようと思ったんですが、3話でちらっと書いた通り、あちこちから金借りといて10年以上返さなかったり、その割に食やワインに金かけて浪費したり、都合悪くなったら旅に出たり、もう少し節約しろって友人のバジールに注意されたら逆ギレするなんて話が残りまくっているので「そうですね…結構クズです…」としか返せませんでした。そんな主人公ですが、今後もよろしくお願いします。

『モネのキッチン』は人物の設定、大きな出来事は史実をベースにしつつも、作中の人物像、各話のメインストーリーはほぼフィクションです。が、史実のエピソードを活かしつつ、良い所も悪い所も含めて人間臭くて、魅力的な人物に描けたらいいなあと思っています。モネはもちろん、他の人物たちも。

_
【今回の参考文献】
『モネ(岩波 世界の美術)』カーラ・ラックマン(2003)高階絵里加訳, 岩波書店.
『モネ』クリストフ・ハインリッヒ(2000)タッシェン・ジャパン.
『モネ:印象派の誕生』シルヴィ・パタン(1997)
  川本茂雄監修, 渡辺隆司・村上伸子訳, 創元社.
『キッチンの歴史: 料理道具が変えた人類の食文化』ビー・ウィルソン(2014)
  真田由美子訳, 河出書房新社.
『Monet’s Table: The Cooking Journals of Claude Monet』Claire Joyes(1990)Simon & Schuster.

【図録】
『大回顧展モネ 印象派の巨匠、その遺産』読売新聞東京本社 国立新美術館 2007年 
『マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展』東京都美術館・他 編 2015年

『モネのキッチン』4話」への2件のフィードバック

  1. くぼた

    この木馬、車輪はあるけど自力では漕げなさそうですね(^_^;)
    押すか引いてもらうか・・・見た目は三輪車なのに(笑)

    返信
    1. _some 投稿作成者

      >くぼたさん

      コメントありがとうございます!
      そうですね、この三輪車はジャンには少々サイズが大きいようで…実際漕ぐのは難しそうですね^^;このタイプの三輪車、19世紀〜20世紀初頭には定番のおもちゃだったようで調べると色々と種類あって面白いです。
      http://www.tricyclefetish.com/horsetrikes.php
      馬車型のは完全に引いて貰う式ですね(笑)

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.