GWコミケの予定と近況

【 3/28 追記】
3/27にコミックマーケット98中止が発表されました。
イベントはなくなりましたが、コミケ新刊として原稿を進めていた『フランスふらふら一人旅 パリ・アパルトマン生活編』は5〜6月に印刷して通販を行う予定です。新刊通販の準備が整い次第、こちらでも告知していきますのでどうぞよろしくお願いいたします。
【追記ここまで】


先日、GWコミケの当落が発表されましたね。今回もスペースいただけました。

【参加日】2020年5月5日(火)C98・4日目

【サークル名】染色

【スペースNO】西2ホール こ-42b

新刊は『フランスふらふら一人旅 パリ・アパルトマン生活編』の予定です。

当初はノルマンディー列車旅行記(コミケ合わせ発行)→アパルトマン生活編(夏〜秋ころ発行)の順で出す予定でした。しかし、ノルマン旅行記のネームを切ったところ予想よりもP数が多くなり、GW発行には間に合いそうにないので発行順を変更しました。

詳細は下記の図を参照してください。

現在、コロナウイルスの感染拡大を回避するため、政府からの自粛要請により3月の大規模なイベントの中止や延期が続いてます。GWコミケが開催される5月にはどの様な状況になっているかがまだ不透明ではありますが、可能であれば参加したいので新刊やイベント準備は少しずつ進めてます。

もしイベントの延期や諸事情で欠席する事になっても、新刊は印刷お願いしてBOOTHの通販で頒布できるようにするつもりです。新刊やイベント参加の情報はTwitterやblogなどでその都度告知していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。


3月の頭からイベントの中止や延期だけでなく、美術館や劇場も休館が続き、今年はずいぶんと寂しい春休みの時期になってしまいました。

写真は2月末に観てきた東京都美術館のハマスホイとデンマーク絵画展。休館が3月末まで延長したため休館のまま東京展閉幕との事…。展示内容がとてもよかっただけに残念です。4月からは山口県立美術館へ巡回するとの事なので、そちらでは無事に終えられます様に。

3月頭に行こうと思っていた渋谷Bunkamuraのソール・ライター展も休館中に会期終了してしまって悲しい…旅に出たい…美術館行きたい…

日本に限らず、アメリカでもボストン美術館やナショナルギャラリーが3月いっぱい休館したり、フランスのルーブルやオルセーが1000人までの入場規制を設けたり…というニュースを見て、今まで行こうと思えばいつでも行けると思っていた場所が、突然そうでなくなる事って普通にあるんだなあ…とひしひしと感じています。
閉館ではないしいずれも一時的なものではありますが、美術館や劇場は休館や縮小が続けば続くほど収入も減るし存続も厳しくなってくるので(特に国内の小さい施設は)やっぱりハラハラします…生きて…

自分も予防に気をつけつつ、1日でも早い感染拡大の収束を願ってます。

PAGE TOP