最新情報

【雑誌掲載】
6/6発売のミステリーボニータ7月号(秋田書店)から
新シリーズ『モネのキッチン-印象派のレシピ-』が開始します。
19世紀フランスを舞台に食と絵と家族を愛する印象派の画家クロード・モネが主人公のストーリー漫画が1〜2ヶ月おきに掲載される予定です。どうぞよろしくお願いします。
(現在発売中の6月号にはカラー、モノクロの予告カットが掲載されています)

5/20発売の『DARK SOULS TRPG』に
ルール解説漫画を4P書かせて頂きました。解説漫画は富士見ドラゴンブック編集部さんのtwitterで公開されてます。興味を持たれた方はぜひ購入して遊んでみて下さい。

【単行本】
『前略、パリは甘くて苦いです。』全2巻(芳文社)
『シネマに恋して』全1巻(竹書房)
『踊る!アントワネットさま』全2巻(芳文社) 紙版・電子書籍版共に販売中です。

『前略、パリは甘くて苦いです。』1話〜からニコニコ静画内「まんがタイム彩」にて再掲中です。
平日13時に毎日1Pずつ更新されています。ニコニコのアカウントがあれば無料で読めますのでよろしければどうぞ〜お気に入り登録などしてもらえるととても嬉しいです。

【同人誌】
「踊る!アントワネットさま」の単行本未収録6話分を同人誌でまとめた
『歌う!アントワネットさま』はCOMIC ZINで委託販売中です。
本文のサンプル、ゲストさま情報はこちら→http://sen.hiho.jp/sensyoku/?p=2151

他にも在庫が残っている創作同人誌はCOMIC ZINで委託販売してもらっています。
現在イベント参加予定はありません。

6月から新作始まります

5/6発売のボニータ6月号に予告カットが掲載されていますが、6/6発売のミステリーボニータ7月号から新作『モネのキッチン-印象派のレシピ-』のシリーズ掲載が開始します。
こちら毎月ではありませんが、1〜2ヶ月おきにストーリー漫画が掲載される予定です。

現代では印象派の巨匠として知られている画家クロード・モネですが、若い頃は絵も売れず、それでいて食への執着は人一倍な食いしん坊でした。そんな売れない時代の彼が苦労しつつ家族とご飯作ったり、印象派仲間の友人とぼやいたり絵を描いたりするお話です(身も蓋もない説明)。特に美術の前知識がなくても楽しめるかと思います…多分…

19世紀を舞台にして描くのは初めてで資料集めなど苦労しましたが、またフランスの話が描けて楽しかったです!作画の前に観に行った、練馬美術館で開催中の『19世紀パリ時間旅行―失われた街を求めて―』展が当時の雰囲気を掴むのにとても参考になりました。19世紀フランスやレミゼが好きな方には大変オススメな展示です!

来月作品が掲載されたらまた詳細告知しますね。
どうぞよろしくお願いします。

まんがタイム彩

ブログの更新が新年から滞っていてすみません…
しばらく水面下でネームを書いたりプロット作ったりしていましたが
告知できそうな事がぼちぼち出てきたのでお知らせに浮上しました。

まずはニコニコ静画で4月からオープンしたWeb4コマ誌「まんがタイム彩」にて
『前略、パリは甘くて苦いです。』が1話から再掲されています。
5/20の時点で5話の3P目まで配信中、以降も平日13時に1Pずつ更新されます。
ニコニコのアカウントがあれば配信されているページは全て無料で読めるので、まだ1巻を読んだ事のない方はこの機会にぜひ読んでみてください。
『前略、パリは甘くて苦いです。』掲載ページ

twitterでちょこちょこ宣伝もかねてアップしていた落書き、こちらにもおいときますね。

少しでも楽しんで頂けたら嬉しいです!
続きが気になったら単行本の方も手に取って貰えたら幸いです。

2017年あけまして

気づけばもう4日ですが、あけましておめでとうございます。

今年の年賀状は和服ミシェルでした。
パリ甘キャラもこれで描き納めという事で。

本年もよろしくお願いします。